2010年8月28日〜29日
林田さん、矢澤さん、高橋さんと日本最高峰の富士山に登頂してきました!

Mt。Fujiツアー幹事の矢澤さんに段取りをとって貰い、
あまり無理も出来ないと思い、登山はツアーと致しました。

当日のタイムスケジュールは
集合新宿7:00 
なんと富士登山のツアーバスが10号車迄・・・
すごい人気です^^
我々は3号車に乗車し出発!7:20
12:30
中央道中央道渋滞につき富士山5合目に到着

14:20
5合目から出発です!標高2,305m
気温21゜C 猛暑が嘘のように涼しいです。


6合目迄は比較的なだらかな斜面を登り、
7合目の山小屋へ向う・・・
ここのところの登山人気、夏休み最後の土日と言う事もあり登山道は
人があふれている状態です^^;山小屋近くは岩場の登山道となり、手には軍手
岩に手を添えながらの登山となる。ハイキング気分では富士山は登れない・・・・

山小屋までの登山道で先導役の関根さん似の山小屋のお兄さんになにげに質問
「山頂で御来光を見るには山小屋を何時で出発すれば良いですか?」と聞くと驚く返答が!
「非常に人が多いので20:00には出発しないと無理ですね・・」と・・・愕然!!

17:20  7合目の山小屋に到着 

7合目 山小屋「日の出館」
富士山の陰が雲に写っています。貴重な写真です!


「矢澤さんグループの4名は3階でお休み下さい」と声が掛かり
おっつ これは特別なはからいと思いきや、屋根裏部屋・・・
山小屋だからしょうがないが、屋根裏??
仮眠をしている方の足を踏まないように屋根裏によじ登らなければいけない状況・・トホホ
山小屋での夕食カレーライスを食べ少しでも仮眠をと思い屋根裏に登るもそこで事件、
寝るスペースは狭いのを覚悟してはいましたが、畳1畳もない状況

どこでも寝れる&お疲れの高橋さんは「ガー・ガー」と大きなイビキをかきながらお休み、
また、隣の学生ぽい若者はケラケラと笑い声・・・繊細な(?)私は寝るに寝れない

ここは覚悟して山頂を目指そう!と声を掛け7合目を出発 19:30
ここから長〜い夜道の登山となりました!

8合目あたりからは空気も薄く、登山道には座込んでいる人もチラホラ
また、今の経済状況を表してか中国人の方々も多数山頂を目指しています。


8合目の終わりころからは岩場を登る状況で道は結構険しい・・・
数m歩くだけでも息がハーハーと息苦しくなってしまう、携帯してきた酸素を吸いながら頑張る
また、下界は猛暑が続いた今年でしたが、富士山はすっげー寒い!
シャツ・長袖シャツ・フリース・長袖のカッパを着ていてもブルブル震えるほど・・・


朝早くに出発して一睡もしていないので、流石に疲れが・・・
睡魔に襲われながらも山頂を目指す・・・

このペースで登っても御来光までの時間までにはかなりの時間に余裕がある、
9合目の最後の山小屋3400m近辺で4人で腰を下ろし寒さに震えながら休憩

そこでも、高橋さんは大きなイビキをかきながら寝れるとは・・・
我々の前を通る登山客が言っていた言葉は笑えた
「幸せそうに寝てるよ・・・^^」と高橋さんを見て微笑んでいました。
しかし、ものすごく寒い・・・・



多数の写真はスライドショーへ↓
写真を触ると大きな写真が見れます!